FC2ブログ

2018-08

地球はまわる 君をかくして


あの地平線 輝くのは

どこかに君をかくしているから


たくさんの灯が懐かしいのは

あのどれかひとつに 君がいるから





地球はまわる 君をかくして

輝く瞳 きらめく灯


地球はまわる 君をのせて

いつかきっと出会う 僕らをのせて



君をのせて 』 作詞/宮崎 駿  作曲/久石 譲

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村





テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

僕のこと想う時、 目を閉じて汽車を走らせて

夏草に埋もれた線路は 錆びた陽射しを集めて
立ち止まる踵を 知らない町に誘うよ
霧の朝いちばん最後の 貨物列車に託した
僕たちの遥かな未来は 走り続ける

何時までも この場所で
同じ夢 見てたはずなのに
君は今 靴紐気にして

枕木は季節を数えて 蒼い土へと帰るよ
少しずつほどける あの日の遠い約束

ポケットに忘れてた
石ころを高く投げてやろう
赤茶けたレールの向こうへ

何にも気づかずに
通り過ぎてしまえそうで
何処まで歩いても
終わりのない夏の線路

夏草に埋もれた線路は 低く陽炎揺らして
七色にさざめく小さな風をはじくよ

僕のこと想う時
目を閉じて 汽車を走らせて
聞こえない汽笛を聞くから

このまま気づかずに
通り過ぎてしまえなくて
何処まで歩いても
終わりのない夏の線路
いつでもまなざしは
眩しすぎる空を越えて
どんなに離れても
遠く君に続く線路

「夏草の線路」 歌/遊佐未森 作詩/工藤順子 作曲/外間隆史 編曲/外間隆史+中原信雄

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村





テーマ:日記 - ジャンル:日記

きみを返してくれ


きみが僕にうそをついて ひとり出かけた朝
曇るガラス窓を 指でそっと拭い
僕は街を見ていた 朝の街を見ていた
日射しを跳ね返す 白い雪を見ていた

きみが淋しかったことを 凍えていたことを
話していたことを 動いた唇を
僕の目は見ていた 僕の耳は聴いた
だけど心の目は なんにも見てなかった

それを僕はまだ知らない
どこかで笑い転げている
誰かが僕を指さして言う
「そうあれが世界一不幸なトナカイさ」





なぜかここはとても寒い
ここはとても広い
ここはとても狭く
ここはとてもあまい
ここはとても見えない
ここはとても知らない
ここはとても夜で
ここはとても離れて

きみを見失った僕と それを見てる僕と
それを知らない僕と 失われたきみと
どれが僕できみか どれがきみで僕か
僕は何をしたか きみは何をしたのか

僕にきみを返してくれ
この手に きみを返してくれ
今すぐ 僕を帰してくれ
聞こえる あれはあなたの声

それを僕はまだ知らない
どこかで笑い転げている
誰かが僕を指さして言う
「そうあれが世界一不幸なトナカイさ」


*引用:「世界一不幸なトナカイ」 作詞・作曲/谷山浩子 編曲/石井AQ&谷山浩子

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村





テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

«  | ホーム |  »

LINK

▼キャンペーン中です。署名活動にご協力をお願いします。 *下記の流れる文字をクリックして下さい。

 ★動物たちの最後の日に、動物を傷めつけないで下さい。最後の日に、せめて、きれいな水を飲ませて下さい。食肉解体業者による、家畜に対する残酷な行為をやめさせてください。

~廻せど廻せど裏は裏~


最新記事

プロフィール

Hoshino_Maria

Author:Hoshino_Maria
愛のために生きている!
日本で最も多い【一人世帯】の一員でもある。

カテゴリ

ことば (29)
動物 (64)
社会 (67)
食べ物 (15)
アリ戦闘記 (45)
芸能人・有名人 (32)
想定外 (4)
歌 (18)
テレビ (14)
天候 (8)
災害 (4)
老化 (15)
買い物 (5)
仕事 (23)
コミュニケーション (4)
未分類 (41)
Twitter的な (20)
購入品の個人的口コミ (3)
ゴキブリ闘争記 (2)
政治家 (6)
詩 (3)
東京電力福島第一原発事故 (4)
ワタクシ的在日認定者 (2)
夢占い (3)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム