FC2ブログ

2019-12

災害リスク忘却防ぐ努力を

木曽川下流部のある市長から「非常にショックを受けた」と嘆かれたことがある。

伊勢湾台風(1959年)で甚大な被害を受け、その後、整備された高潮堤防。

ところが、若い人からは

「どうしてあんな邪魔なものがあるのか」と言われたという。

大災害の記憶が忘れられ、被害を防ぐための施設が邪魔者扱いされているのだ。

(中略)

フランスの小説家バルザックは

「忘却なくして幸福はあり得ない」としたが、

私は「忘却が幸福をもたらさないこともある」と言いたい。

忘却と想像の世界に常に立ち向かう努力をし続けることが

「わかってもらえる治水インフラ」につながる。

( 引用 :河北新報2019/2/15 公益社団法人 日本河川協会専務理事 大西 亘氏 )

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村



関連記事

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

«  | ホーム |  »

LINK

▼キャンペーン中です。署名活動にご協力をお願いします。 *下記の流れる文字をクリックして下さい。

 ★動物たちの最後の日に、動物を傷めつけないで下さい。最後の日に、せめて、きれいな水を飲ませて下さい。食肉解体業者による、家畜に対する残酷な行為をやめさせてください。

~廻せど廻せど裏は裏~


NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

最新記事

プロフィール

Hoshino_Maria

Author:Hoshino_Maria
愛のために生きている!
日本で最も多い【一人世帯】の一員でもある。

カテゴリ

ことば (28)
聖書 (6)
詩 (3)
動物 (74)
食べ物 (20)
アリ戦闘記 (48)
芸能人・有名人 (46)
想定外 (8)
歌 (24)
テレビ (19)
天候 (9)
災害 (10)
老化 (28)
買い物 (12)
仕事 (29)
コミュニケーション (7)
未分類 (71)
社会 (90)
Twitter的な (28)
ゴキブリ闘争記 (3)
購入品の個人的口コミ (4)
政治家 (6)
東京電力福島第一原発事故 (5)
ワタクシ的在日認定者 (2)
夢占い (7)
愛する君へ (1)
U.S.A. (0)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム